つみたてNISA おすすめ商品4選

ともともです。ブログ閲覧ありがとうございます。

現在日本で投資をする上で非課税制度を使わない手はありません。

それがNISA(一般&つみたて&ジュニア)です。

つみたてNISAや一般NISAについてはメディアやSNSでも取り上げられることが多くなりました。

たくさんの記事や情報がありますが、情報が多すぎることもあって投資初心者にとってはこんな悩みがあるのではないでしょうか。

  • 商品の選び方が分からない
  • 結局、どの商品がおすすめなのか自身がない
  • たくさん商品があって悩む

  • といった方も多いと思います。
この記事でわかること
  • つみたてNISAにおいての商品の選び方
  • つみたてNISAで迷ったらどれか買えばいい4商品

スポンサーリンク

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAの特徴を確認することが商品を選択する際に大事なことが自ずとわかります。

特に大事な3つのポイントは以下の通りです。この3つを忘れないようにしましょう

  1. 長期投資
  2. 積立投資
  3. 分散投資

スポンサーリンク

商品を選ぶ際に重要なこと

  • インデックスファンドであること
  • 米国が中心であること
  • 株式中心

つみたてNISAの対象商品は金融庁の選定によりインデックスファンドかある程度実績があるアクティブファンドとなっています。

ただ上記3点のポイント思い出していただければ『つみたてNISA』という制度の枠組みではアクティブファンドを選択することは非常にもったいないことです。

インデックスファンドはすでに長期の成績が証明されています。せっかく長期につみたてるのならその成績がほぼ確実といえるものがいいでしょう。

アクティブファンドは長期で見ればインデックス&パッシブ運用に多くが勝てません。

世界の経済は長きに分かって米国が中心となっています。つみたてNISAの運用20年ほどの期間であれば米国中心の世界がそう簡単に変わるとは考えにくいでしょう。

中国・タイ・ベトナムなどのアジアが台頭してくることも明白ですがやはり長期運用で安定するのは米国が中心の商品といえます。

株式中心という点においては反対意見も多いかもしれませんが、僕は株式中心で問題ないと考えています。

つみたてNISAの積立額は満額でも毎月33,000円ほどです。

それほど多額のつみたてではありませんので、債券などの安定資産を組み込む必要は低いと思っています。

つみたてNISAおすすめ4商品

上記のポイントを踏まえたうえで上げるおすすめ4商品はこちらです

  • SBI・バンガード S&P500
  • eMAXIS Slim S&P500
  • 楽天・全米株式インデックス
  • eMAXIS Slim オールカントリー

SBI・バンガード S&P500

有名な指数S&P500への連動を目指している商品です。

S&P500は全米を代表する大型株が集まった指数ですので、全米を代表する企業の成長をそのままいただけるものと理解して問題ありません。

信託報酬 約0.0938% と経費も安く問題ありません。

eMAXIS Slim S&P500

上のSBI・バンガードS&P500と目標とする指数は一緒です。

運営会社が違うというだけなので、どちらを選んでも現時点ではほぼ同じでしょう。

信託報酬 約0.0968% と安いのも変わりません。

楽天・全米株式インデックス

こちらはVTI(バンガード・トータルストックマーケットETF)を投資信託化した商品です。

なので指数は全米企業のほぼ全部です。S&P500はほぼ大型株のみですが、この商品は中・小型株も入っています。

本当に全米全部をカバーしたい方はこの商品を選択すると良いでしょう。

信託報酬 約0.162%

eMAXIS Slim オールカントリー

目標の指数はMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスです。

簡単にいうと地球全部ひっくるめて投資できる商品です。

投資対象を米国だけに絞るのは心配な方は最適な商品です。ただ現時点ではこの商品の半分以上を米国が占めています。

以上となります。

今回提示した4商品はもう出尽くした感じはあります。様々な媒体でおすすめされていますので目新しはないかもしれませんが、それはこれらの商品が現時点では王道の商品で大きく外すことがないものだと多くの方が考えているのでしょう。

僕もそう信じています。

ちなみに娘のジュニアNISA口座ではeMAXIS slimオールカントリーを購入しています。

今回は以上となります。ありがとうございました。

その他の投資
スポンサーリンク
ともともをフォローする
ともともの投資ブログ ~バリュー投資・米国株投資・資産運用~

コメント

タイトルとURLをコピーしました