投資で重要なのは軸をもつこと ー自分を信じてー

ともともです。ブログ閲覧ありがとうございます。

今日は雑談みたいなものです。

『こんな時こそ自分のやり方を貫く』

『周りに踊らされて損をしない』

これが大事だということ。

コロナショックで相場は行ったり来たり。ボラティリティは当初よりは安定してきていると思われますが、それでも通常の相場よりは不安定なのは間違いありません。

ほとんどの人は含み損が出たり、かなりの含み益があった人でもそれが大幅に低下したりという人が多いのではないでしょうか。

こんな時でも空売りやショートトレードなどで利益を上げている人は一握りいます。そんな人達はほとんどがプロ集団でしょう。もしくは偶然儲かった人もいると思います。

今後、偶然儲かったひとや、思わぬ利益を得られた人、そんな人達がメディアや書籍出版などで出てくるかもしれません。まあ中には純粋に自分の手法を紹介して、他の人にも同じように利益を出してほしいと思っている人もいるかもしれません。

でも中には(ほとんどかもしれません)詐欺話のようなうまい話を持ちかけて、変な商品を買わせたり、高額塾へはいるような流れに持っていく人たちも必ず出てきます。

そんな儲かった人たちの話を聞いて、『自分も儲けられたのに』『同じようにやれば簡単なのか』『自分もやっておけばよかった』などといった感情になる方が多いのではないでしょう。

いわゆる機会損失というやつです。

この機会損失という感情はやっかいです。この感情を持つとメンタルが変な方向に変動してしまうことが多く、焦って変な商品に手を出したり、突発的に株を高値で買ったり、知らないのに空売りしてしまったり、結果的に損失を被ることがあります。

投資金額が少額ならいいかもしれませんが、投資塾や情報商材というのは高価なことがあります。『高価ということはそれだけ価値があるものなのか』という勘違いを植え付けさせるためでしょう。

僕も昔は手っ取り早く利益を上げたいとか、これをやれば間違いなく利益を出せるとか、この手法でやれば100%間違いない とか色々なうたい文句の商材を買いたくなったこともありました。実際買ったこともあります。若気の至りです

自分の考えや軸がしっかりしていれば、そういうものには引っかからないのでしょうが、僕はメンタルがふわふわしていたのでダメでした笑

実際の投資に関しても、僕は短期・中期のトレードを2年間ほどやっていたことがありますが(デイトレほど短期ではありません)メンタルが変動しやすくて調子に乗りやすい性格であったため全くと言っていいほど利益は上がらず、日々気持ちが安定しませんでした。2年間やってほぼトントンでした。まったく何をやってたんだかw

自分にはこのやり方は合わないと分かったため、しっかり株式投資の勉強をして短期のトレードは一切やめて長期保有の戦略としました。

ここ数日の米国株式相場も以前から比べると上向き傾向ですね。

この数日の動きでも利益を上げた投資家やファンドは必ずいます。個人でもたくさんいるでしょう。

でもこんな時こそ機会損失という感情に惑わされず、自分の方法をしっかり(僕は長期的な保有が基本です)貫く覚悟が必要です。

そんな人たちの方法を後追いで今からやってもほぼ損します。

投資での損は、取り返すのに本当に時間がかかります。なので周りの手法や声に惑わされて変な損失を被らないようにしましょう。

そのために自分の方法を確立していきましょう。焦らずと。焦って損を出してからではリカバリーも大変なので。

実際ここ数日の株価上昇はよく意味が分かりません。だって多くの企業の業績は低下しているはずなので、程度の問題はあれど株価はまた落ちる可能性が高いと思っています。

自分の投資手法、軸を忘れずに。慌てず焦らずコツコツとやりましょう。

なんかまとまってないですが、こんな気持ちで最近は過ごしています。

今回もありがとうございました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました