米国小型株企業分析 Snap-On【SNA】

ともともです。ブログ閲覧ありがとうございます。

僕は株価の予想は全く意味がないと思っているタイプです。

だから何だって話ですけどね。SNSなどでは株価予想などの記事や今後の株価展開などの記事が出てきますが、あまりインプットの情報が多すぎても訳が分からないので僕はそういった情報はあまり見ないことにしています。

できるだけ公平性が保たれている情報にしたいですが、メディアにおいて公平性が保たれているもののほうが限られているため難しいですよね。

さて今回はSnap-On という企業です。

ティッカーシンボル 【SNA】

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

企業特徴

創業1920年
(1967年に日本に進出)
時価総額70億ドル
(S&P500企業)
従業員数12,800人
セクターindustrials
配当利回り3.05%
※6月の配当は維持されています
簡単な歴史1920年からおもに自動車の部品製造から始まり、
徐々に米国内での市場を拡大。
経済発展に伴う車両使用人口増加などもあり、
SNAのニーズは高まり徐々に世界へ展開することとなる。

また自動車部品だけでなく、鉄道や飛行機関係、
宇宙・航空業界の部品製造も手掛けるようになり、
NASAにも製品提供を行っていた歴史もある。

高い技術力を用いて技術職関連のスクール事業も展開。

また様々な専門的な工具の販売も手掛ける。

フランチャイズ制度も用いており、
現在SNAのサービスと製品は130か国以上で使用。
事業セグメント①The Commercial & Industrial Group
幅広い商業分野での事業を展開
世界中に顧客が存在し、航空宇宙、天然資源、政府機関、
発電、輸送などに関する技術を生かしている
教育事業は主に直接・代理店チャネルを通じて販売している。

②The Snap-on Tools Group
自動車整備・修理技術者向けのサービスを提供する事業を展開

③The Repair Systems & Information Group
直接および代理店を通じて、修理工場やディーラーのオーナー
やマネージャーを中心に専門的な自動車修理顧客にサービスを
提供する事業

④Financial Services
これは主にアメリカ国内のフランチャイズ加盟店に向けての事業

買収も数多く行っており現在SNAの傘下に入っている企業は以下の通り。知らない企業ばかりですが。。。

リターン比較

株価

スポンサーリンク
スポンサーリンク

財務・業績

EPS・成長率

10年成長率は16%です。右肩上がりなのはいい傾向ですがもう少し成長してほしいです。歴史は古いですが、まだまだ小型株なんですから。

売り上げ・営業利益率・粗利率

こちらも右肩上がりなのはいい傾向です。粗利が50%近い数字なのはすごいです。

営業利益率も20%超えてきてますね。

キャッシュフロー

無駄な投資はせず、堅実な経営方針なのでしょうか。

結果的にfreeCFはほぼ右肩上がりです。

利益率 ROA・ROE

利益率もほぼ上昇傾向です。ROEもここ数年は20%超です。ROAとROEの変な乖離もないです。

配当・配当性向

配当金も順調に増配しています。自社株買いも行っています。

配当性向も30%前後でまだ余裕ありそうです

財務安全性

◉自己資本比率:0.6

◉負債比率:0.34

◉流動比率:2.5

◉当座比率:1.68

PER:11.6 PEGratio:1.44

現時点ではわりと安く購入できます。

現在EPS16%の成長率ですが、今後10年間8%の成長率で、かつその次10年間で成長が止まったと仮定した場合でも安全な株価として127ドルと算出しました(独自の計算なの参考程度にしてください)

なので、この会社がその程度の成長にとどまるとしても現在の株価でも比較的安全に購入できると思っています。

でもPEGratioでも出ている通り、もう少し利益を出してくれると嬉しいですけどね。

僕はSNAはいい会社だと思っていますので少額ですが投資しています。頑張って成長してほしいです。

今回は以上となります。ありがとうございます。

以下に第1四半期報告をまとめてみました。

【会社全体 連結】

◉売り上げ:2019年 9億2170万ドル ⇒ 2020年第1四半期 8億5220万ドル

◉既存事業売上高は6,270万ドル(6.9%)の減収

◉営業利益:2019年 2億4950万ドル ⇒ 2020年 1億9,580 万ドル

◉1株あたりの利益:2019年 3.16ドル ⇒ 2020年 2.49ドル

【Commercial & Industrial Group セグメント】

◉売り上げ 3億2250万ドル⇒2億9990万ドル

◉営業利益 4650万ドル ⇒ 3150万ドル

【Snap-on Tools Group セグメント】

◉売り上げ 4億1020万ドル ⇒ 3億7590万ドル

◉営業利益 6720万ドル ⇒ 4860万ドル

【Repair Systems & Information Groupセグメント】

◉売り上げ 3億2790万ドル ⇒ 3億1460万ドル

◉営業利益 8360万ドル ⇒ 7730万ドル

【Financial Services セグメント】

◉売り上げ 8560万ドル ⇒ 8590万ドル

◉営業利益 6210万ドル ⇒ 5690万ドル

バリュー投資について 企業分析・評価
スポンサーリンク
ともともをフォローする
ともともの投資ブログ ~バリュー投資・米国株投資・資産運用~

コメント

タイトルとURLをコピーしました