企業分析 Procter & Gamble(通称ピー&ジー)【PG】

ともともです。

今回はピー&ジーという通称で有名なProcter & Gambleさん

ティッカーシンボル【PG】

生活必需品セクターでも超有名企業の1つです。不景気でも強い生活必需品セクターですし僕自身が調べておきたい企業でした。

では今回もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

企業特徴

創業:1837年

時価総額:2840億ドル

従業員数:97000人

PGは生活必需品商品が多数あります。日本でもスーパーなどに多くが陳列されています。商品カテゴリーとしてヘアケア、シャンプー、トリートメント、スキンケア、カミソリ、ひげそり、口腔ケア、洗剤類、ベビーケア商品、ティッシュなど多岐にわたります。

ブランドでも馴染み深いものが多くて、パンテーン、ハーバルエッセンス、SK-Ⅱ、アリエル、ダウニー、ファブリーズ、パンパースなどが多数。

売り上げの分類としては5種類。売上と収益の比率もグラフ化してます。

  • 美容
  • ひげそり系
  • ヘアケア
  • ファブリック・ホーム
  • ベビー・女性用品

株価の推移です。ほんと最近は値動きが激しいですね。

PG、S&P500、S&P500同業他社とのリターンです。

スポンサーリンク

業績・財務など

EPS推移

EPSはやや安定していませんね。企業買収をした影響もあり、2019年度ではのれんの減算をしているため純利益が大きく落ち込み、EPSも低下したと思われます。

総売上自体にはそれほど変動がないです。

2017年の大幅な上昇は事業売却の影響と思われます。

それでも低下傾向は気になります。

収益・粗利率・営業利益率

粗利、営業利益率はほぼ横ばいですね。粗利の水準も40%以上をキープしているので良いサインかと思います。

キャッシュフロー

いずれも問題ない推移ですね。フリーキャッシュフローは毎年潤沢に残っています。

利益効率性

財務において資産や負債の大きな変動はありませんが(多少の変動はあります)、純利益が低下しているため、ROA・ROEともに低下しています。

配当・配当性向

配当は129年連続で出していて、63年連続増配中。なんだそれ笑

素晴らしいですね。今後も頑張ってほしいです。

自己資本比率・負債など

自己資本比率:0.41

負債比率:0.62

流動比率:0.63

当座比率:0.44

自社株買いも積極的です。

PER

2019年末の業績から出しているPERは66と出てます。数字から言えば割高ですが、この年度だけでは参考にならないと思います。

2020年以降の利益や財務などをまた確認していけばPERは通常もう少し下げると思います。

まあどちらにしてもPGはいわゆる生活に根付いた、皆さんに必要なものを多く揃えてます。歯磨きや洗髪、ひげそり(人によるけど)などは毎日やりますね。洗濯などもそうですね

女性ならスキンケアも毎日やる人が多いと思います。

こんな企業がすぐに社会から淘汰されるとは思えず、今後も長期に投資家に対して利益をもたらすと思います。

僕はまだ持っていないのでいつか持てたらいいなーと思ってます。

では今回もありがとうございました。

企業分析・評価
スポンサーリンク
ともともをフォローする
ともともの投資ブログ ~バリュー投資・米国株投資・資産運用~

コメント

タイトルとURLをコピーしました