米国株起業分析 通称バンカメさん【BAC】

ともともです。ブログ閲覧ありがとうございます。

数日前にブロガーやアフェリエイターさんたちがグーグルアップデートに被弾し大変とのツイートがありましたが、僕は弱小ブログ過ぎて被弾も何もありません。笑

平和で何よりです。よかったよかった。

今回は通称バンカメこと、バンクオブアメリカをまとめてみようと思いました。

ティッカーシンボル【BAC】

よろしくお願いいたします。

参考サイト

https://www.morningstar.com/stocks/xnys/bac/quote

https://www.gurufocus.com/stock/BAC/summary

スポンサーリンク

特徴

創業1874年
従業員数208,000人
時価総額2,040億ドル
事業セグメント一般消費者向け銀行
グローバルウェルス&インベストメントマネジメント(GWIM)
グローバルバンキング
グローバルマーケット
その他の業務
セクター金融
配当利回り2.93(2020年5月11日時点)
事業所世界35カ国以上
20,000以上の施設やATM

スポンサーリンク

財務・業績など

EPS、成長率

EPSは上昇傾向です。2011年から+に転じてここ9年の成長率は101%と言う数字となりました。

リーマンショックを乗越えて上り調子だったのに、今回のコロナショックでまた厳しい状況になる可能性はあります。

売り上げ、粗利率、営業利益率

売上げは2011年以降はほご横ばいです。

純利益は徐々に増加傾向となっていました

利益効率性 ROA・ROE

ROEは上昇傾向です。金融なのでどうしても負債が大きくなるためROAが低いのは仕方ないことかなと思っています。

営業CF

営業CFのばらつきがすごいですね。ちょっと気になるところです

配当、配当性向

配当も増加傾向です。配当性向は20%程度とまだ余裕があります。

バランスシート

PER:9.66

銀行系はPERがやや低めに出る傾向があるとおもいますが、BACにしてはPERが低いと思います。

ただやはり金融系はまだ僕には分析が難しいなと思いました。

PL、BSも一般的なものとちょっと違うし。

もっと分かりやすい業種に投資したほうが良い気がしました。会計や財務についてくわしい方はもっといると思うので、そのような方はとてもいい投資先なんだと思いました。時価総額も高く、アメリカ国内でも人気の金融機関ですから。

現在FRBの低金利政策によりまた金融機関にとっては厳しい状況になっていると思いますが、リーマンショックと違い金融システム自体が破綻している訳ではないので倒産するということはないかもしれませんが、しばらくは業績が低迷する可能性はあるかと思います。

ありがとうございました。もっと勉強しないとなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました